投資手法・実績

【資産公開】2021年8月末時点の資産と持ち株公開

こんにちは、サラリーマン投資家 maki です。
まだまだ資産は少ないですが、30代で1億円を目指し、米国個別株(中長期)、インデックス(長期)へ投資をしています。
本記事では、「2021年8月末時点の保有資産」を公開します。

2021年8月相場

インデックス投資はもちろん、個別株においても相場全体のトレンドの影響を受けるため、まずは2021年8月の相場がどうだったか、振り返ります。

まとめとしては、S&Pは上昇トレンド継続、為替変動もないことから米国株投資をする環境としては良い1か月でした。

S&P 500

まずはS&P500のチャートで8月の米国株相場の振り返りです。
2021年8月は+2.93%でした。年初来でみても、ほぼ一定の傾きで上昇し続けています。

S&P 500 初値終値比(%)
2021年8月4401.84530.9+2.93
年初来3755.04530.9+20.7

為替(USD JPY)

米国株投資において、為替は外貨資産を持つことによるリスクヘッジのメリットがある一方で、リスクの1つでもあるので確認しておきましょう。(ただし長期投資においてはほとんど気にする必要はないと思っています。)

為替は2021年8月はほぼ変動なしです。109円付近で安定しています。

USD JPY 初値終値比(%)
2021年8月109.721109.932+0.192
年初来103.318109.932 +6.40

【資産公開】2021年8月末時点

資産まとめ

20代で目標としていた1000万円を一旦超えることができました。要因としては、2020年からの米国株が好調なためです。ただこの好調が続くとは限らず、むしろ寄り戻しの懸念もあるので油断はできませんが、一喜一憂せず米国株式市場に資金を投下し続けます。

評価額(円)評価損益(円)比(%)
投資信託6,783,297+1,634,988+31.8
米国個別株1,682,505+364,897+27.7
社内貯蓄(※)1,227,076
投資用余剰金442,389
合計10,135,267

(※)社内貯蓄:従業員持株、個人年金、社内積立制度金の合計

資産推移(投資信託+米国個別株)

前月比、+3.65%でした。S&P500が3%近く上昇したことと、米国個別株でドクシミティへの投資が功を奏したことが資産増加の要因です。

▼資産推移 前月比

前月今月前月比(%)
投資信託 6,573,0616,783,297+3.20
米国個別株 1,595,0001,682,505+5.49
合計8,168,0618,465,802+3.65

▼過去1年の推移資産推移(投資信託+米国個別株)

【持ち株公開】2021年8月末時点

持ち株まとめ

投資信託

▼特定口座

▼積み立てNISA

米国個別株

新規買い付け

つみたてNISA:33,333 円
ドクシミティ:882,622 円
合計:915,955 円

今月は、つみたてNISAに加え、ドクシミティ(DOCS)を購入しました。
ドクシミティの詳細は下記記事をご覧ください。

ドクシミティ【DOCS】の銘柄分析。医療向けSaaS企業。 ドクシミティ【DOCS】のまとめ まとめ判定テーマお金があり今後投資も加速する医療×SaaS○決算 EPS 、売上、ガイダンス全て○ ...

売却

売却なし。

2021年8月の所感、9月に向けて

8月は相場環境もよく、決算を見て購入したドクシミティも期待通り上昇をしてくれているため、資産をのばせ、20代で目標としていた1000万円を一旦クリアすることができました。

9月以降年末にかけてもこのまま市場が順調とは限りませんが、一喜一憂せずにコツコツと積み上げていこうと思います。

(本ブログの内容において、正当性を保証するものではありませんので、最終的な投資判断はご自身の決断でお願い致します。)

ホーム » 【資産公開】2021年8月末時点の資産と持ち株公開