舞台の仕事「脚本」

「脚本家」と聞くと、どのような仕事をイメージされるでしょうか。また、舞台の仕事の中でも、脚本家を目指す方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。脚本家は、映画、テレビドラマはもちろん、演劇やゲームなどの脚本を書く仕事もあり「シナリオライター」とも呼ばれることがあります。そんな脚本家は主にどのような仕事をしているのかご紹介しましょう。

脚本家の仕事

脚本家は、監督やプロデューサーと打ち合わせを進め、ストーリーを考えていきます。登場人物やセリフ、動きまで細かく設定していき、心理描写や情景描写なども脚本に書いているのです。オリジナルの脚本を書く場合もあれば、原作を基に書く場合もあり、その都度文章力や構成力が求められる仕事となっています。

その一方で、脚本家になるためには一定の資格を取得する必要はなく、熱意や実力があれば、誰でも脚本家になることが可能です。ただ、専門のシナリオスクールに通うことで、脚本家としての文章力や構成力はしっかりと身に着ける必要があるでしょう。また、脚本家はほとんどの場合フリーランスとして働いている人が多く、会社に所属しません。年収も人によって大きく差があり、下積み時代は特に不安定な仕事となることが少なくありません。

脚本家として活躍するには

脚本家になるには、前述したように学歴や資格は不要ですが、ある程度熱意と実力がなくてはなりません。積極的に学校内コンペでデビューを目指したり、公募のシナリオスクールに応募したり、テレビ局や制作会社に持ち込むなどして行動することが大切です。文章力や構成力といった実力を身に着けながら、実際に関係者に自分の作品を見てもらうきっかけをできるだけ多くつくることが重要と言えるでしょう。

最近ではテレビやラジオ番組の制作費が減少しており、脚本家のギャラも下がる傾向にあります。しかし、ネット配信のドラマなど脚本家の新たなスタイルが構築されつつあります。時代の流れとともに、クリエイターとの1人として創意工夫や観る側にインパクトを与えられるかが脚本家への大きなカギとなるでしょう。

脚本家は舞台や映画など様々な場面で活躍していますが、遠い存在のように感じる方も少なくありません。しかし、脚本家がいなければ作品は生まれません。脚本家を目指している方はもちろん、気になる作品がある方は、脚本家としての仕事を理解し、活躍している方にも注目してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です