リードワンプロモーション協力舞台 『ドアを開ければいつも』

ドアを開ければいつも

リードワンプロモーションでは、タレントのマネージメントだけではなく、さまざまなイベントの企画なども事業として行っています。

なかでも、これまでもっとも多く関わってきたのが舞台作品です。そんなリードワンプロモーションが、今回新しく協力として参加するのが、大手芸能プロダクションのオスカープロモーション主催『ドアを開ければいつも』です。

脚本は、詩人でもある阿藤智恵。演出は、俳優や映画監督もつとめる寺十吾が担当しています。主演には、ロックバンドの「ゲスの極み乙女。」のドラマー、ほな・いこかが、「さとうほなみ」名義で参加しています。
さとうはこれが舞台初主演となり、その点でも話題となっている作品です。

物語では、このさとうにくわえ、秋月三佳、田崎那奈、遊井亮子の4人の女優が、4姉妹を演じています。母親の七回忌の前夜。数年ぶりに、4姉妹が顔をそろえます。

二児の母となっている長女。一人だけ実家で父と同居している次女。自由奔放な生き方をしている三女。そして、ひとり暮らしを始めたばかりの四女。これら四者四様の女性が、それぞれの立場から交わす会話劇が大きな見どころとなっています。

もともとこの舞台は、大石ともこと天乃舞衣子の2人による三十路付近の女優ユニット「みそじん」が公演してきたものでした。2人の出会いのきっかけとなったのが、劇団道学先生主宰の青山勝が行ったワークショップです。

その卒業公演で本作品を演じたことで好評となり、以降、2015年から3年間にわたって70ステージが行われてきました。総動員数は1,700名という、舞台作品として異例のヒットとなったロングラン公演です。

今回、リードワンプロモーションが協力を行う舞台では、これを「NanaProduce」が手がけています。「NanaProduce」はその名称からも分かるように、出演者の1人である、オスカープロモーション所属の田崎那奈プロデュースによる演劇団体です。

田崎は舞台女優として、90年代からはテレビでも数々のドラマやCM出演などで、お茶の間でもよく知られるようになりました。そして、女優と同時に数多くの舞台作品もプロデュース。2011年8月には、大阪ロクソドンフェスティバルで最優秀賞を獲得するほどの実績も持っています。

これまでに、さまざまな女優が4姉妹を演じてきた『ドアを開ければいつも』。今回、彼女のプロデュースによっていったいどのような作品が生まれるのか、その点にも多くの演劇ファンから注目が集まっています。

公演は東京都中野区のテアトルBONBONで、2018年1月31日から2月4日までの5日間行われる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です