リードワンプロモーション企画・制作!「まるは食堂」

maruhashokudo

愛知県知多郡南知多町に本店がある「まるは食堂」は、愛知県では知らない人がいない程有名なお店です。そんなまるは食堂は、2020年5月に70周年を迎えます。
70周年という大きな節目にまるは食堂の創業者・相川うめさんを題材とする舞台が決定しました。今回は、リードワンプロモーションが企画・制作を行う「まるは食堂」70周年記念公演についてご紹介していきましょう。

まるは食堂とは

まるは食堂は、昭和25年に現在の代表取締役を務める板野豊和氏の祖母、相川うめさんが創業者です。戦後に鮮魚の行商を始めたことで魚屋を開業し、これまでに食堂や旅館などを手掛け、現在では8店舗もの店舗を愛知県内に展開する企業へと成長しました。利用者だけではなく、地域や社員に「喜んでいただきたい」という信念を常に持ち、約60年もの間、まるは食堂で働き続けていた相川うめさんは、平成20年10月26日、享年98歳で永眠しました。その後も孫の板野豊和氏によって、まるは食堂は展開され続け、愛知県民の憩いの場として親しまれています。

リードワンプロモーションによる舞台「まるは食堂」

まるは食堂創業者の相川うめさんにスポットを当てた舞台が決定しました。リードワンプロモーションが企画製作を務め、まるは食堂の70周年の節目として公演される記念すべき舞台です。原作は、三田村博史氏著書の「潮風の一本道 うめさんの魚料理の城づくり九十年」となります。作・演出は、これまでに日本劇作家協会優秀新人戯曲賞や岸田國士戯曲賞を受賞した経験を持つ、愛知県名古屋市生まれの佃典彦氏が務めています。

【名古屋公演】
ウインクあいち
・5月15日(金)19:00
・5月16日(土)13:00/17:00

【東京公演】
・5月27日(水)19:00
・5月28日(木)14:00/19:00
・5月29日(金)19:00
・5月30日(土)14:00/19:00
・5月31日(日)12:00/17:00

チケットの一般販売は2020年1月24日(金)の10時からとなっています。

まるは食堂1

舞台「まるは食堂」注目の出演者とは?

まるは食堂の出演者は非常に豪華となっています。まるは食堂の創業者・相川うめさんを務めるのは竹下景子さんです。竹下景子さんは愛知県出身の女優さんでクイズダービーや寅さん、NHKの連続テレビ小説など、数々の映画やドラマ、バラエティーで活躍しており、日本を代表する女優と言っても過言ではありません。

相川うめさんの夫役は、同じく愛知県出身の俳優・渡辺哲さんです。渡辺哲さんもこれまでに大河ドラマや時代劇など、数々のドラマに出演するだけではなく、映画や舞台でも活躍している俳優です。他にも下記の出演者が登場します。

・寺十吾
・浜谷康幸
・金子さやか
・関口アナン
・上遠野太洸
・木下愛華
・釈八子
・中原和宏
・水町レイコ
・今井あずさ
・中野マサアキ
・日暮玩具
・中山朋文
・今井勝法

リードワンプロモーションからは藤井三葉が出演!

藤井三葉舞台・まるは食堂を手掛けるリードワンプロモーションからは、藤井三葉も出演します。これまでに様々な舞台に出演している女優で、2018年7月には柏原寛司監督が手掛けた映画「探偵はどこにでもいる」で初主演を務めた注目の女優です。

[画像: ameblo.jp/leadone-pro/entry-12385998161.html]

まとめ

まるは食堂は、創業者の相川うめさんによって、愛知県民のお腹だけではなく心まで満たしてきました。そんな相川うめさんを題材にした心温まる作品となっているので、まるは食堂を知っている人も知らない人も楽しめる作品となっているでしょう。作品の良さだけではなく、豪華俳優陣が出演する舞台を手掛けるリードワンプロモーションにも注目しながら楽しんでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です