リードワンプロモーション主催舞台「ぬけがら」のご紹介

リードワンプロモーションではタレントのマネジメントだけではなく、映像や舞台のプロデュースも行っています。主催する舞台の一つが「ぬけがら」という作品で、2019年3月27日から31日までの公演を予定しています。どのような舞台になるのか、簡単にストーリーや出演者情報などをご紹介していきましょう。

舞台「ぬけがら」について

リードワンプロモーションが主催する舞台「ぬけがら」は、2006年の第50回岸田国士戯曲賞を受賞した作品です。公演は東京・中野区の「テアトルBONBON」で行われます。脚本は演劇・演出家の佃典彦氏で、演出は私オム氏が手掛けます。協力企業にはオスカープロモーションや浅井企画などが参加しているようです。
簡単にストーリーをご紹介しましょう。

主人公は郵便局員だった中年男で、酒気帯び運転と業務上過失傷害により仕事をクビにされます。挙句の果てに妻から離婚を切り出され、認知症の父の介護もあり、人生のどん底に落ちて生きる希望を失いました。そんな彼を救うのは、「ぬけがら」を脱いだ父親でした。この作品は息子と父、その家族の絆が描かれたスト―リーとなっています。

出演者について

「ぬけがら」に出演するキャストには、主演に岡安泰樹さんや岡元あつこさんの名が上がっています。また、リードワンプロモーションからも出演者が決まっており、藤井三葉さんが出演されます。藤井三葉さんはモデルとしても活躍されている女優です。ファッション雑誌「ViVi」のオーディションでは、決勝5位にランクインし、TBCのシンデレラオーディションでは武道館のランウェイに出場しています。また、講談社が運営する女性向けファッション・情報サイト「with online(ウィズオンライン)」で活躍する『with girls(ウィズガールズ)』にも選出された注目の女優でもあります。

2018年4月に公演された舞台「したたかなオンナ達」で初出演し、同年5月に公演された「いつの間にかキミは」でヒロインを演じます。それ以降も舞台に数々出演しており、着々と実力をつけているようです。どの役を演じるのかは、まだ詳しく明らかになっていませんが、事務所も成長を楽しみにしているようなので、「ぬけがら」での演技にも注目してみましょう。

岸田国士戯曲賞は「演劇界の芥川賞」とも呼ばれていますが、新人だけでなくベテランも受賞しているので名誉ある賞と言えます。そんな賞を取っている「ぬけがら」はとても素晴らしい作品となっています。出演キャストもテレビドラマや舞台などで経験を積んでいる人が多いので、非常に面白い舞台になることでしょう。主催のリードワンプロモーションからも舞台出演の多い藤井三葉さんが出演されているので、舞台での生の演技を楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です